野村里枝子/
一般社団法人体力メンテナンス協会認定産後指導士
・体力指導士・バランスボールインストラクター

2児の母。
設計事務所で5年間勤務したのち、産休育休を取得して長男を妊娠、出産。
長男出産後、職場復職するが、復帰後3か月で職場の事情により転職を余儀なくされる。
転職活動、新しい職場、ワーキングマザー…と目まぐるしい1年間を過ごした後、次男を妊娠。
妊娠中から産後にかけて、疲れがとれない、何をしていても落ち込む、不安になる、イライラする…といった症状に悩まされ、産後1ヶ月半で一般社団法人体力メンテナンス協会の産後トータルケアを受ける。
そこで、心身ともにケアを受け、改善された経験から、「産後ケアを普及させて日本中の母親たちに寄り添いたい」と思うようになり、産後指導士・体力指導士・バランスボールインストラクターの3つの資格を取得。
現在は愛知県でクラスを開講し、産後ケアの普及をすすめている。